遠方の家探しは非常に苦労をした

私は現在築27年の賃貸アパートに住んでいます。
仕事の関係でまったく縁もゆかりもない土地に住むことになり、家探しにはとても苦労しました。まずこの街がとても田舎で家を探すにしても賃貸が少なすぎて空いている物件がありませんでした。それでも何度も何度も不動産屋さんに通い、空きが出てないか通いました。それまでは会社の寮に何とか住まわせてもらい、1ヶ月くらいした所でやっと1件空きが出たと連絡がきました。もたもたしてるとすぐ違う人の入居が決まってしまうと思い、私は部屋も見ないで不動産屋さんから渡された間取り図だけをみて入居を即決しました。
入居が決まった1LDKで家賃が42000円の家でした。リビング8畳、寝室6畳とのことでそれなりかなとは思いました。この家のいい所は駐車場は車2台までなら無料との事でした。42000円の割には結構広いし、条件もいいなと思ってわくわくして入居の日になりました。
入居の日、初めて家に入って思ったのはすごいいい部屋だということでした。リビングも寝室もそれなりに広いし、南向きなので昼間リビングの窓から陽が入り部屋が暖かいし、ストーブとエアコンは完備されているし、押入れと下駄箱が広くて収納がしやすかったです。間取り図しか見ないで決めたにしては上出来な家でした。しいてだめな所をあげるとするならば、キッチンと洗面所の間に扉が無かったので暖簾か何かで仕切りをつけないとシャワーを浴びるときに着替えが丸見えだということくらいでした。
住み始めて思ったことは、壁が薄いということでした。隣の人の声や洗濯の音などの生活音が毎日聞こえてきました。やはり築27年もたっているとかなり壁は薄いということがわかりました。しかし、そんなに毎日うるさいわけでもないし、夜中とか常識はずれの時間に騒がしいとかではないのでそれは私が気にしなければいいことだとも思って普通に生活しています。
今の家に点数をつけるとするなら85点くらいだと思います。悪い所もあるけれどそれは気にしなければ問題ない範囲だし、それ以上に思ってたよりいいことのほうが多かったです。
次回家を探すときは、洗面所に扉があるかだけは確認したほうがいいのかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です